医師のご紹介

院長ご挨拶

院長近影

患者本位の医療提供を目指したい思いで、この度愛し野内科クリニックを開業いたしました。

昨今の医療は、機械文明に振り回されたふしの感じられるところが多いと思います。
スタンフォード大学教授Verghese博士がいみじくも揶揄的に表現している、iPatientへと患者を見る医師の目は変化しモニター上に出てくる架空の人物で、まるで株価の数字を見るようにデータを追跡することができます。

しかし、これでは病気の診断間違いや患者の望んでいない医療をもたらしかねません。まさしく患者不在の医療です。
診断・治療に至る過程で、患者との良好な関係が作られていてしかるべきでしょう。
そして病気が出来るだけ早く見つけられ、取り除かれることが最大限求められなければなりません。

私は患者さんとの直接的な人間関係重視の医療を大切にしていきます。そして機械文明に振り回されず、機械文明を使いこなしていきたいと考えています。
患者さんにとって心のある医療となるよう最善を尽くしますので、どうぞよろしくお願いします。

院長 岡本 卓

院長プロフィール

1985年
東京大学医学部卒業
1985年
東京大学医学部附属病院第三内科・第四内科研修
1986年
自治医科大学附属病院呼吸器・循環器・内分泌代謝内科研修
1987年
東京大学医学部第四内科医員
1988年
順天堂大学内科研究生
1991年
東京大学医学部第四内科助手
1992年
ハーバード大学医学部博士研究員
1995年
ハーバード大学医学部大学講師(インストラクター)
1997年
クリーブランドクリニック財団ラーナー研究所助教授
1998年
オハイオ州立大学助教授兼任
1999年
理化学研究所脳科学研究センターチームリーダー就任
2001年
東京大学医学部医学博士
2001年
医療法人ケイ・アイオホーツク海病院内科
2004年
医療法人ケイ・アイオホーツク海病院院長
2009年
クリニック開院

ページの先頭へ戻る↑

  • 糖尿病
  • 内科
  • 心療内科
  • 小児科
  • リハビリ科